3つの素材で作られたラブドール

Post date:

Author:

Category:

1. プラチナシリコン製ラブドール

プラチナシリコンは、2成分付加成形加硫剤を使用した高級輸入シリコン原料です。環境に優しく、効率的で無臭性や高い衛生レベルなどの利点があります。成形後の製品は透明性が高く、黄変防止、無毒、無臭、耐久性があります。生物学的な老化やその他の特性にも対応しているため、安心して使用できます。プラチナシリコンは医療グレードや食品グレードのシリコンとして広く使用されています。

利点: 健康で安全、無毒で無臭、耐久性があります。石油由来ではなく、変形しにくいです。ただし、材料はリサイクルできず、廃棄物から作られたラブドールは存在しません。

短所: TPEよりもやや硬いテクスチャーであり、材料費が高いため、1体の人形の製造コストが高くなり、小売価格も比較的高くなるため、受け入れられにくいです。

2. シリコン製ダッチワイフ

一般的なシリコンは従来の加硫剤を使用しており、比較的低価格ですが、時間の経過とともに徐々に黄変し、長期使用で生理的な弾力性も低下します。一般的なシリコンは環境に優しい産業製品、アクセサリー、自動車などに広く使用されています。

利点: 衛生的で安全、無毒で無臭、立体人形のモデリングに適しており、透明な肌の質感や繊細なリアルさがあります。

短所: 硬いテクスチャーであり、使用には適していません。モデル写真には適していますが、他の用途には向いていません。

3. TPE製セックス人形

熱可塑性エラストマー(TPE)は、ゴムのような高い弾力性、強度、射出成形特性を持つ材料です。環境に優しく、無毒で安全性があり、幅広い用途に適しています。柔らかな触り心地、耐候性、耐疲労性、耐熱性があります。リサイクル可能でコスト削減も可能で、形状を再注入することもできます。

利点: 材料費が非常に低く、わずかに柔らかいテクスチャーで、ダッチワイフの価格が低く、大量生産に向いています。製造過程での残り物や廃棄物は複数回リサイクルでき、製造コストをさらに削減し、中古品のリサイクル利用も可能です。

短所: 特有の匂いがあり、受け入れられません。現在は脱臭フレーバーも存在しますが、香りが強すぎて違和感があり、衛生や安全性に懸念があります。

 

 

 

 

 

msexdoll.com
msexdoll.comhttp://msexdoll.com
「MSexDoll」は、ラブドール(人形)に関する情報を提供する日本のウェブサイトです。このサイトでは、ラブドールの選び方や、使い方、メンテナンス方法、オプションパーツの紹介など、ラブドールに関する様々な情報が掲載されています。また、ラブドールを題材とした小説やエッセイなどのコンテンツも充実しており、ラブドールに興味がある方々にとっては非常に役立つサイトです。