日本で開発された人形

Post date:

Author:

Category:

日本のラブドール開発の歴史

ドイツは1950年代から大人向けの類似商品を販売してきましたが、最終的に日本でラブドールが開発されました。日本はまさに魔法の国であり、ドイツとは魔法の友達です。

南極探検のための人形

日本で最初に開発されたラブドールは、南極探検のために作られました。20世紀半ば、日本は初の南極探検隊を派遣しました。探検隊のメンバーは、長期間の禁欲が人間の健康に影響を与えることを心配していたため、日本は公的資金を使い、「南極No.1」という高品質のセックスブロー人形を開発しました。

ラブドールの進化

日本の初代ラブドールは、主に風船状のインフレータブル人形であり、ほぼ人間の形状を持ち、ビニールとゴムが主な材料でした。インフレータブル人形は非常に安価で、使用しないときは折りたたむことができます。しかし、数回使用すると関節部分にひび割れや空気漏れが生じることがあります。

1980年代には手のひらサイズの人形やラテックス製の人形が登場しましたが、これらの製品は単なるマスターベーションカップの形状であり、温かい抱擁を提供することはできませんでした。

1990年代には、モジュラーセックス人形やシリコーン製の人形が市場に登場し、リアルな肌触りやより豊かな顔のディテールが実現しました。

現代のラブドール

1990年代末から現代にかけて、材料と製造技術の進歩により、より現実的なラブドールが市場に登場しました。これらの人形は実際の人物とほぼ同じサイズであり、外見や肌の触感も非常にリアルです。また、耐熱素材を使用しているため、お手入れも簡単です。

 

 

 

 

 

 

 

 

msexdoll.com
msexdoll.comhttp://msexdoll.com
「MSexDoll」は、ラブドール(人形)に関する情報を提供する日本のウェブサイトです。このサイトでは、ラブドールの選び方や、使い方、メンテナンス方法、オプションパーツの紹介など、ラブドールに関する様々な情報が掲載されています。また、ラブドールを題材とした小説やエッセイなどのコンテンツも充実しており、ラブドールに興味がある方々にとっては非常に役立つサイトです。