「柔らかな粘土から生まれるリアルなラブドール」

Post date:

Author:

Category:

ロシアのクバン州立大学を卒業した後、私はラブドール劇で働いています。私自身、余暇の時間に柔らかい粘土でリアルなドールを作ることがよくあります。2013年までモスクワで「アートドール」を主催して以来、私は好きなことを秘密にしてきました。フェアでは、私の作品はすぐに有名になりました。私のダッチワイフは人体の細部を完全に再現しているため、見つめると本当に生きているかのように見え、まばたきするのではないかと心配しました。大きなセックスドールを待っている人々にとって、私のラブドールは喜ばれるものです。私の等身大ラブドールの材料は柔らかい粘土です。

ラブドールを作る前に、私は多くのリアルなスケッチを描き、すべての作業を行います。体の形を描き、各リアルドールに独自の個性と特徴を与えます。物理的なラブドールは、初めは主に高品質の素材として使用されていましたが、私はパーソナライズされたラブドールの個性に焦点を当てました。私のセックスラブドールの目はドイツのガラス製で、まるで本物の人間のような美しさがあります。粘土から目を手作業で描くことで、比類のない美しさを実現しています。

熟練した職人が少しずつフェイスモデルを彫ります。粗い形になった後、顔の色を選択します。よりリアルさを出すために、小さなそばかすもくっきりと見えます。(もちろん、そばかすの大きさを強調すると、人々の意識を引きつけることができますが、リアルなラブドールもこの分野でさまざまな試みを行っています。)このようなダッチワイフを作るには、特別な技術が必要です。私はこれらのラブドールが非常に優れていると考えています。職人の技術が不可欠です。

完璧さ、機能性、美学を生み出すことができます。そして、ブランドとしての成功も可能性として存在します。オランダの女性たちの真の目的は、他人と交換することではなく、存在することです。遠く離れた人々の代わりになり、彼らの人間関係の空白を埋めるために、セックスロボットも指摘されています。「セックスロボットはいつでも必要です。人々に会えるかもしれませんが、彼らのガールフレンドや妻は必ずしも理解してくれるわけではありません。」倫理的な観点から、この新しいロボットには克服しなければならない課題がありますが、その道のりは長いものです。

 

 

 

 

 

 

 

msexdoll.com
msexdoll.comhttp://msexdoll.com
「MSexDoll」は、ラブドール(人形)に関する情報を提供する日本のウェブサイトです。このサイトでは、ラブドールの選び方や、使い方、メンテナンス方法、オプションパーツの紹介など、ラブドールに関する様々な情報が掲載されています。また、ラブドールを題材とした小説やエッセイなどのコンテンツも充実しており、ラブドールに興味がある方々にとっては非常に役立つサイトです。